キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

フロン類

 クロロフルオロカーボン(フロン)は、人工的に作られた物質であり、温室効果を持つとともにオゾン層を破壊する原因物質でもあります。
 現在は「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」、「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」により、国際・国内的に生産等の規制がなされています。

気象庁の観測点における大気中のクロロフルオロカーボン類濃度の経年変化

気象庁の観測点での大気中のクロロフルオロカーボン類濃度の経年変化

一部は速報値です。pptは大気中の分子1兆個中にある対象物質の個数を表す単位です。

 気象庁の観測地点である綾里における大気中のCFC-11、CFC-12及びCFC-113の月平均濃度の経年変化を示します。
 各要素いずれも季節変動は認められません。
 要素別にみると、CFC-11は、次に示す世界の経年変化と同様に、1993~1994年の約270pptをピークとして減少、CFC-12は増加が1995年頃から緩やかになり2005年頃をピークに減少、CFC-113はごく緩やかな増加が2001年頃までに止まり、その後減少傾向がみられます。

世界における大気中のクロロフルオロカーボン類とその他のハロゲン化合物類の濃度の経年変化

温室効果ガス世界資料センター(WDCGG)に報告されたデータを用いて作成した経年変化図です。
対象とした気体は、以下のとおりです。

  • CFCs(CFC-11、CFC-12、CFC-113)
  • 四塩化炭素(CCl4
  • 1,1,1-トリクロロエタン(CH3CCl3
  • ハロン類(Halon1211、Halon1301)
  • HCFCs(HCFC-22、HCFC-141b、HCFC-142b)
  • HFCs(HFC-134a、HFC-152a)
  • クロロメタン(CH3Cl)
  • 六フッ化硫黄(SF6)


 特定フロンに指定されているCFC-11、CFC-12、CFC-113に加え、CCl4およびCH3CCl3は、モントリオール議定書に基づく規制により1996年までに先進国での生産が全廃されています。これらの濃度を見ると、工業生産による増加と、生産規制による増加停止および減少の傾向がはっきり見て取れます。減少傾向の違いは、放出量の減少とともに、それぞれの物質の大気中の寿命を反映していると考えられます。また、フロン類は工業的に生産されるものがほとんどであるため、南半球より北半球の濃度が高めの傾向を示しています。

 要素別にみると、CFC-11は1992年頃を境に減少傾向に転じています。CFC-12は2003年頃まで増加し、その後減少傾向に転じています。CFC-113はCFC-11と同様な傾向を示し、北半球で1993年頃、南半球では1996年前後を境としてゆるやかな減少傾向に転じています。CCl4およびCH3CCl3は、ともに1990年代前半を境に、それまで上昇傾向だったのが減少に転じています。特にCH3CCl3には急激な減少がみられ、現在の濃度は一番古い観測データである1978年の値よりも低くなっています。これは、CH3CCl3の寿命が相対的に短い(約5年)ことによります。

 ハロン類もモントリオール議定書の規制対象であり、先進国では1994年までに特定ハロンの生産が全廃されています。Halon1211は2005年頃まで増加していましたが、その後減少傾向に転じています。Halon1301は現在も増加し続けていますが、最近10年間で増加が緩やかになっています。

 一方、フロンの代わりとして使用されているハイドロクロロフルオロカーボン類(HCFC-22、HCFC-141b、HCFC-142b)やハイドロフルオロカーボン類(HFC-134a、HFC-152a)は、近年では削減のための対策が進みつつあるものの、増加を続けています。ただしHCFC-141b、HCFC-142bおよびHFC-152aについては、近年増加が緩やかになっています。

 CH3Clは、季節変動が明確に見られますが、経年変化はほとんど見られません。また、配電システムやマグネシウムの生産、半導体の製造等に使用される六フッ化硫黄(SF6)は、急速に増加しています。


関連情報