キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

二酸化炭素濃度の観測結果

二酸化炭素濃度の年平均値

データの見直しなどで過去にさかのぼって修正する場合がありますので、最新のものを御利用下さい。

(単位 ppm : ppmは体積比で100万分の一を表します)
綾里 南鳥島 与那国島
1987  351.4          
1988  354.2          
1989  356.1          
1990  356.9          
1991  358.3          
1992  358.6          
1993  359.5    358.3*    
1994  361.9    359.9      
1995  363.8    361.7      
1996  365.3    363.5      
1997  366.5    364.7    365.7  
1998  369.5    367.4    368.8  
1999  371.3    369.1    370.7  
2000  372.8    370.4    372.0  
2001  373.5    371.9    373.6  
2002  376.0    374.0    375.7  
2003  378.8    376.8    378.4  
2004  380.5    378.4    380.2  
2005  382.6    380.8    382.7  
2006  385.4    383.8*  384.8  
2007  386.6    384.7    386.4  
2008  388.5    386.6    388.0  
2009  389.8    388.0    389.4  
2010  393.6    390.5    392.7  
2011  394.4*  392.8    394.4  
2012  397.2    395.0    397.0  
2013  399.6    397.5    399.5  
2014  401.3    399.5    401.8  
2015  403.4    401.5    403.9*
2016  407.2    404.9    407.1  
2017(409.2)(407.7)(409.5)

数値データ[CSV形式:2KB]


各月の観測値(下2桁)を12か月分平均し、年平均値(下1桁)を算出しています。
*が付いたデータは、11個以下の月平均値から算出しています。
また、( )が付いたデータは速報値です。

速報値とは観測の基準となる標準ガス濃度の変化の確認が未了であるため、確定値として扱えない値です。
大気中の温室効果ガス濃度は、濃度があらかじめわかっている標準ガスと比較して求めますが、標準ガスの濃度は観測を行う間に変化することもあります。
このため、観測に使用した標準ガス濃度の変化を確認した段階で、観測値にその値を反映させ確定値とします。
速報値と確定値の濃度差は、大きくても二酸化炭素で0.1ppm、メタンで1ppb程度です。

関連情報