海洋観測データの収集について

気象庁は国内で海洋観測を実施する様々な機関から提供いただいた海洋観測データを、世界気象通信網(GTS)を介して国際交換されるデータと合わせて、海面水温解析・予報をはじめとする各種海況情報の作成に利用しています。作成された海況情報は、気象無線ファクシミリ放送、気象庁ホームページ、海洋月報(印刷物)等で公表しています。

このページは、気象庁あての海洋観測データ(海洋内部の水温・塩分・海流や、航路上の水温・塩分・海流のデータ)の送付方法について説明するためのものです。気圧、風、気温等の気象観測と通報についてはこちら をご覧下さい。