概要
概要
基礎知識
データ提供数
協力機関
データ
出版物
リンク
最新情報
ホーム
サイトマップ
English
WDCGGガイド (pdf 910Kbyte)

WDCGGガイド英語版 (pdf 1.2Mbyte)

WDCGGリーフレット (PDF 2.8MByte, July 2008)

WDCGGリーフレット英語版 (PDF 2.7MByte, July 2008)


WMO/GAWプログラムとWDCGG


1. WMO/GAWプログラム

1970年代、温室効果ガス濃度の上昇による地球温暖化やフロンガス放出による成層圏のオゾン層破壊、酸性雨による湖や森林の酸性化などの重要な大気の環境問題が顕在化しました。これが契機となって国際的な調整や協力活動を必要とする地球規模の環境問題に関する国際的な関心が高まりました。

このような流れの中、全球オゾン観測システム(GO3OS)と大気バックグランド汚染観測網(BAPMoN)の実施を通して科学的評価に貢献していた世界気象機関(WMO)は、1989年にこれら2つの監視プログラムを全球大気監視(GAW)プログラムに統合しました。

GAWの使命は以下の通りです。

  • 社会への環境リスクを減らし環境条約の要求に適応すること
  • 気候や気象、大気質を予測する能力を強化すること
  • 環境政策を支援する科学的評価に貢献すること
を、次の事項を通して行なう。
  • 大気の化学組成や選ばれた物理的特性の全球的で長期の観測を維持すること
  • 品質保証や品質管理に重点を置くこと
  • 利用者に統合的なプロダクトや適切なサービスを供給すること

これらの目標を支援し達成するため、GAWは観測要素に基づいてGAWの活動を整理し調整するために専門家グループ、すなわち科学諮問部会(SAG)、ネットワーク全体のデータ品質機能を実施するための品質保証科学センター(QA/SAC)、標準を維持するため中央較正施設(CCL)、各GAW観測所がその観測をGAWの一次標準にリンクするのを支援するための世界較正センター(WCC)、大気測定データと付随したメタデータをアーカイブデータとして保管し提供するため世界資料センター(WDC)を設立しました。

GAWには温室効果ガス、オゾン/UV、降水化学、太陽放射、エーロゾル、大気の遠隔測定の6つのWDCがあり、世界中からのさまざまなプラットフォームの観測データを収集し、保管し、提供しています。さらに、WDCは他のGAWのセンター機構、たとえばSAG、QA/SACなどと密に協力し合い、GAWの推進に重要な役目を果たすデータの品質や解釈、解析の向上に努めています。



2. WDCGGの歴史と目的

WMO/GAWプログラム下のWDCの1つであるWDCGGは、1990年10月以来気象庁(JMA)において運営されてきました。

さらに、全球気候観測システム(GCOS)と、WMO/GAW 全球大気CO2とCH4監視ネットワークをGCOSの包括的なネットワークとみなすWMO/GAWの間の合意に基づき、より信頼性の高い監視やデータ解析を容易にするために、WDCGGはデータ管理とこれらの種類のガスに付加価値を与えたプロダクトの配布の責任を負っています。

WDCGGの目的は、科学的な研究や評価、また地球温暖化などの環境問題への対応政策を支援し、最終的には社会の環境リスクの減少に向けての貢献と、関連する環境条約の要請への適応です。



3. WDCGGの機能

1990年の設立以来、WDCGGはその目的を達成することを第一に業務を行ってきました。さらに、WDCGGはGAW戦略プログラムに従って、運営と機能を向上させてきました。現在のWDCGGの運営は次の4つの機能から成っています。

  • GAW観測ネットワークや関連する国際研究プログラムからのさまざまなプラットフォームの温室効果ガスと関連する微量ガスの測定データと付随するメタデータを集めること
  • 検証の後、既知の品質のデータを長期利用のため保管すること
  • アーカイブデータを利用者がインターネットを通じて利用できるようにすること
  • より信頼性の高い監視とデータ解析を容易にするため、付加価値プロダクトと利用者支援情報を配布すること


  • WDCGGのデータの提出と配布、データフローの概略図を図1に示します。



    図1 WDCGGのデータの提出と配布、データフローの概略図


    4. 観測データの収集

    WDCGGは、大気と海洋における温室効果ガス及び関連ガスに関する観測データを収集しています (2009年12月31日時点では77種の観測データを保管)。WDCGGが対象とする観測データは、 観測プラットフォームや観測に用いた手法により6つの観測カテゴリーに分類されます (詳細は「温室効果ガス世界資料センター利用ガイド」(WDCGGガイド)を参照)。

  • 地上観測所での大気観測
  • 大気の鉛直分布観測(タワーを用いた複数の高さでの観測など)
  • 移動プラットフォームによる大気観測(航空機、船舶など)
  • 氷床コア観測
  • 表層海水とその直上の大気観測
  • 船舶による海洋観測



  • 当サイトは、世界気象機関(WMO)の協力の下、
    気象庁が運営しています。
    (運用開始 : 2001/07/02    更新 : 2016/01/27)

    〒100-8122 東京都千代田区大手町1-3-4
    気象庁地球環境・海洋部環境気象管理官付
    WMO温室効果ガス世界資料センター
    電話: 03-3287-3439
    FAX: 03-3211-4640
    E-mail: