キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

メタン濃度の観測結果

メタン濃度の年平均値(気象庁の観測点)

データの見直しなどで過去にさかのぼって修正する場合がありますので、最新のものを御利用下さい。

   (単位 ppb : ppbは体積比で10億分の一を表します)
綾里 南鳥島 与那国島
1991年   1786      
1992年   1783      
1993年   --    
1994年   --   1784    
1995年   --   1784*  
1996年   1831*   1770    
1997年   1829     1780    
1998年   1837     1787     1806  
1999年   1840     1790     1809*
2000年   1845     1796     1816  
2001年   1853     1797     1825  
2002年   1852     1799     1817  
2003年   1862     1808     1825  
2004年   1860     1806     1824  
2005年   1857     1798     1823  
2006年   1858     1804*   1824  
2007年   1868     1804     1824  
2008年   1875     1813     1840  
2009年   1878     1822     1851  
2010年   1881     1832     1852  
2011年   1884*   1837     1860  
2012年   1886     1848     1869  
2013年   1901     1850     1872  
2014年   1912     1863     1879  
2015年   1919     1874     1891*
2016年   (1929)     (1875)     (1896)  

    数値データ[CSV形式:2KB]


*が付いたデータは、11個以下の月平均値から算出しています。 --は、機器の異常等による欠測を表します。
また、( )が付いたデータは速報値です。速報値とは観測の基準となる標準ガス濃度の変化の確認が未了であるため、確定値として扱えない値です。

大気中の温室効果ガス濃度は、濃度があらかじめわかっている標準ガスと比較して求めるが、標準ガスの濃度は観測を行う間に変化することもあります。
このため、観測に使用した標準ガス濃度の変化を確認した段階で、観測値にその値を反映させ確定値とします。速報値と確定値の濃度差は、大きくてもメタンで1ppb程度です。